ゆる~りキャンプブログ、略してゆるブロ△

ゆるキャン△からキャンプにハマった元看護師がゆる~くキャンプやグッズについて書いています。

【キャンプウェア&ギア】ゆるキャン△×NANGAコラボは買いなのか検討してみた

 こんにちは、レピシエです。

 来週末にはキャンプに行けるのでウキウキです。

 また新型コロナウイルス感染症が拡大傾向なので、なんとか来週末までは何もないことを祈っておきます。

 

 そしてキャンプの予定があると、ブログも書く気が湧いてきますね。

 前回もゆるキャン△コラボ商品の検討でしたが、今回もその流れでちょっと調べてみました。

 

 それでは、行ってみましょう。

 

 

オリジナルTAKIBIダウンジャケット/なでしこver. & リンver.

f:id:repisie:20210409114516j:plain

 f:id:repisie:20210409114537j:plain


(COCOLLABOホームページより)

 

 なでしこverとリンverの違いはデザインとおまけで付いてくるアクリルスタンドみたいですね。

 

 で、キャンプウェアとして使うのであれば、気になるのがやはり性能面ですよね。

 本家NANGAのタキビダウンジャケットメンズと比較してみました。

 

  オリジナルTAKIBIダウンジャケット タキビダウンジャケット(メンズ)
材質 表生地 ポリエステル、アラミド繊維混合 ポリエステル、アラミド繊維混合
裏生地 40dnナイロンタフタ 40dnナイロンタフタ
中綿 DXスパニッシュダウン90-10%/760FP DXUDD(スパニッシュダックダウン 90-10% 770FP)超撥水加工
羽毛量 150g 155g
総重量 約1,030g 約1,134g

 

 まず、表生地・裏生地についてはどうやら全く同じ素材を使っているようですね。

 羽毛量は5gだけ本家タキビダウンジャケットの方が多く入っています。

 しかし、最も大きな違いは中綿にあります。

 

 オリジナルTAKIBIダウンジャケットはDXスパニッシュダウン、

 タキビダウンジャケットはDXUDDスパニッシュダウンと記載があります。

 その後ろにあるFP(フィルパワー)の数値も若干違いますね。

 FPはざっくり数値が高い方が温かいと思ってください。

 もう少し詳しく知りたい方は寝袋について書いた過去記事がありますので、そちらをご参考ください。

 

repisie.hatenablog.com

repisie.hatenablog.com

repisie.hatenablog.com

 

 今回最も違うのはダウンの加工です。

 NANGAのDXダウンは

ヨーロッパ産ホワイトダックダウンを国内で洗浄したもののみを使用したダウン。ダウン90-10%でフィルパワー760FP、コストパフォーマンスに優れた高品質ダウンです。

(NANGAホームページより)

 と説明があります。

 

 対して、DXUDDですが、

DXの羽毛に超撥水加工を施した高品質で高機能なダウンで、フィルパワーは770FP。羽毛と撥水剤の樹脂を分子レベルで結合し、細かな粒子の壁を作ることで水の侵入を防ぐ。「湿気を通すが、水を吸わない」最適なダウンです。

(NANGAホームページより)

 とあるように、DXにひと手間加えてあります。

 ダウンは水分に弱いという特徴がありますので、このような手間をかけることがあります。

 

 ここから分かるのはゆるキャン△コラボは商品名にオリジナルとついているように、NANGAのタキビダウンジャケットをコラボ商品にしたわけではなく、ほぼ同じだけどオリジナルで作ったTAKIBIダウンジャケットということです。

 

 要は撥水加工をしていないダウンを使用しているので、雨天時の使用などは注意しないといけないということですね。

 

 なお、お値段は本家が66,000円、コラボが77,000円です。

 自分はきちんと調べる前はコラボでこのお値段なら、タキビダウンジャケットがもともと欲しかった人なら買っちゃうだろうなーと思っていました。

 しかし、ダウンの種類が違うということが分かったので、やはりどんな商品でも調べることは大切だなと思いました。

 

 もっとも、コラボ商品であるということに重点を置くのであれば、ダウンの取り扱いには定評のあるNANGA商品ですので、十分すぎるくらいでしょう。

 普段使いするのであれば、雨の日は着ないようにするなどで十分対応かのうですしね。

 

 

 

オリジナルシュラフ 450DX

f:id:repisie:20210409122238j:plain

(COCOLLABOホームページより)

 

 こちらは1種類だけなんですね。

 では、さきほどのダウンジャケットのようにさっそく本家と比較してみます。

 

  オリジナルシュラフ 450DX オーロラライト 450 DX
材質 表生地 ナイロンリップ 15dn オーロラテックス
裏生地 ナイロンリップ 15dn リップストップナイロン
中綿 DXスパニッシュダウン90-10%/760FP DXスパニッシュダックダウン90-10% (760FP)
羽毛量 450g 450g
内部構造 上面 ボックスキルト構造 ボックスキルト構造
下面 シングルキルト構造 シングルキルト構造

 

 一番近そうなオーロラライト450DXとの比較です。

 NANGAの商品名にある数字は羽毛量なので450gは同じですし、今回は中綿も同じもの、内部構造についても同じです。

 

 では、何がちがうのかというと表生地になります。

 表記の違いはありますが、裏生地についてはナイロンで同じ素材だと思われます。

 

 では本家オーロラライト450DXのオーロラテックスとは何かと言いますと、

多孔質ポリウレタン防水コーティング加工を施したナイロン生地。防水性を高めると蒸気透湿性が低下するという問題を高レベルで解決した素材。2レイヤ地で20,000mm・透湿性6,000g/m2/24hrs、という高レベルの防水透湿性能を持っています。

(NANGAホームページより)

 難しいことも書いてありますが、要は高レベルの防水透湿性能がある生地ということですね。

 テントで寝る場合には、テント内が結露することがありその水滴などがかかっても大丈夫というメリットがあります。

 

 対してナイロンですが、オーロラテックスのような加工をしていない状態ということですね。

 つまりダウンジャケットの時と同じで、オリジナルシュラフの方が防水性に劣るということになります。

 

 先ほどのダウンジャケットであれば使い方でなんとかなるという話をしましたが、シュラフはどうなのでしょうか。

 

 これも使い方によるという話になるのかなと思います。

 ちょっとだけ詳しい話になりますが、テントをシングルウォールのものではなくダブルウォールのものにするなどで対応は可能ですね。

 山登りなどで荷物を極限まで軽くする必要がある場合などには向きません。

 

 あ、あとコラボ商品のページにはスリーシーズン用と記載はありましたが、どれくらいの温度まで使えるかなどの記載がありませんでした。

 が、中綿や羽毛量、構造に違いがないことからオーロラライトを参考にすればよさそうです。

 ちなみにオーロラライト450DXの快適使用温度は-0度、下限温度は-5度になります。

 

まとめ

 比較してみるとコラボ商品はどちらも防水性に劣ることがわかりました。

 購入をご検討の方はそこも考慮に入れられるとよいと思います。

 

 逆に考えると防水加工が手間がかかるのか、コストがかかるのかわかりませんが、簡単にできるものではないということかもしれませんね。

 

 最後までお読みいただきありがとうございます。

 下記のランキングに登録しています。

 よろしければ、”イイね”感覚で応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 


登山・キャンプランキング 

【キャンプギア】ゆるキャン△×DAHON:ミニベロは自転車として間違いない! けど気になる点も・・・

 こんにちは、レピシエです。

 ものすごくお久しぶりです。

 

 パソコンが壊れていて修理に出していました。

 予定外の出費が痛いですけど、やっぱりパソコンないとちょっと不便ですね。

 

 さて、復帰1回目はゆるキャン△コラボのミニベロ(車輪の小さい自転車)です。

 キャンプギアにカテゴライズしていいか微妙ですけど・・・

 

 気にせず行ってみましょう。

 

 

ゆるキャン△×DAHON:ミニベロ

 なでしこモデルとリンモデルの2種類で発売だそうです。

 それぞれ限定28台ということです。

 

 それぞれ

○なでしこモデル

f:id:repisie:20210402224434p:plain

KADOKAWA公式ショップより)

 

【カラー】 オリジナル なでしこレッド

【フレーム素材】 Chromory

【変速数】 8段階

【タイヤサイズ】 20inch

【適応身長】 145-190cm

【重量】 12,8 kg

【その他】 前後左右反射ホイール4枚、クイックリリース付き

【納車】 2021年7月予定

 

○リンモデル

f:id:repisie:20210402224615p:plain

KADOKAWA公式ショップより)

 

【カラー】 オリジナル リンホワイト

【フレーム素材】 Chromory

【変速数】 8段階

【タイヤサイズ】 20inch

【適応身長】 145-190cm

【重量】 12,8 kg

【その他】 前後左右反射ホイール4枚、クイックリリース付き

【納車】 2021年7月予定

 

   

 

自転車好きがスペックを評価してみる

 まずコラボ相手のDAHONは自転車好きなら誰でも知っているくらいのブランドですね。

 特に今回のコラボ商品でもあるミニベロの折り畳み自転車で、ブロンプトンというブランドと双璧をなすほどです。

 つまりまず間違いなく自転車としての性能は保証されていると言っていいと思います。

 

 ちなみに自転車で10万円オーバーというのは、興味がない人にとってはありえない金額だと思いますが、そもそもDAHONの折り畳み自転車でタイヤサイズが同じ20inchiですと58,300~217,800円です。

 スペックが近そうなところとしては、71,500円か97,900円なのでコラボ商品としては意外とお値打ちかもと思ってみたりします。

 

 折り畳み自転車としては12.8kgと少し重めですね。

 この辺はイラスト付きのフレームカバーがあるので、どうしても本家より重たくなっています。

 フレームがChromory(クロモリ:すごくざっくり言うと鉄です。自転車のフレーム中で一番重い。)なので仕方ないかなと思います。

 もっとグレードを上げていくと次はアルミニウムになり、10kgを切ってきます。

 DAHONでは扱っていなさそうでしたが、もっとグレードを上げるとカーボンになります。

 

 次に変速機ですが8段階となっています。

 もともとミニベロは車輪が小さいため坂には強いですが、それでも変速があると楽さが全然違います。

 グレードとして7段階というもう1つ下の段階もあるので、少しいいものがついていると考えればOKです。

 その分お値段がUPするので良いか悪いかは買う人次第ですね。

 個人的には、7段階でも十分なので10万円切ってくれた方がよかったなと思います。

 

 また画像をみる限りでは泥除けはついていないですね。

 いわゆるスポーツ自転車では当たり前ですが、ママチャリでついているのが当たり前の自転車しか乗っていなかった方にはちょっとびっくりするかもしれません。

 雨の日に乗ると背中はびしょびしょになりますよ。

 気になる方は自転車の専門店や通販で泥除けだけ購入できます。

 普段は付けずに必要な時だけつけることもできます。

 

by カエレバ

 

 もちろん、もっときちんとしたものを後から取り付けることもできますよ。

 

 最後にクイックリリース付きという点ですが、正直折り畳み自転車でいるかな・・・という感じです。

 コラボ商品なので、カバー付きのタイヤだけ飾っておきたいという思いに答えたのかもしれませんが、自転車としてみるとどうでしょうか。

 クイックリリースは公式ページの説明にあるように、タイヤを簡単に外せる仕組みです(特に前輪。後輪はクリックリリースがあってもギアがあるのでなれないと難しいです)。

 

 本来は普通の自転車をコンパクトにするためにタイヤを外すんですけど、折り畳み自転車ってそういったことをしないで折りたたんでコンパクトになるのがコンセプトですよね・・・

 自転車好きとしては本当につけた意味が分からないくらいです。

 まあこれは部屋の中に自転車があるのが当たり前な生活をしているからかもしれません。

 普通の人は自転車を部屋に飾るとかしまっておくとかしないですもんね。 

 

まとめ

 ということで、スペックだけ見ると少し辛口評価になってしまいました。

 7段変速にしてクリックリリースなくして、お値段下げてくれたらグッときたと思うんですけどね。

 もしくは7段変速、クイックリリースなし、本体の素材をアルミニウムにしてもっと軽く仕上げてくれるとか・・・

 

 ただ、最初の方に書いたようにコラボモデルとしては自転車の性能が保証された上で、お値段もめちゃくちゃ上乗せされているわけでもないので、折り畳み自転車が欲しくてゆるキャン△が好きな人であれば購入を検討するのもよいと思いました。

 

 キャンプ好きで自転車好きでゆるキャン△好きなので、すごく期待して見に行ったんですけど、自転車好きが逆に足を引っぱっちゃいましたね。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 下記のランキングに登録しています。

 よろしければ、”イイね”感覚で応援のクリックお願いします。

 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


登山・キャンプランキング 

【キャンプギア】FORE WINDS(イワタニ):フォールディングキャンプストーブが某商品にそっくりな件について・・・

 こんにちは、レピシエです。

 

 今日はいつものようにインターネットをちらちら見ていたところ、たまたま見つけたイワタニさんの商品が「これ大丈夫?」と気になったのでご紹介します。

 

 いつものように自分が欲しいものや検討しているものではないので、ちょっとテイストが違いますが、とりあえず書いてみました。

 

 それでは、行ってみましょう。

 

 

FORE WINDS:FOLDING CAMP STOVE

 FORE WINDSとはイワタニのアウトドアブランドの名前です。

 ホームーページによると1995年から続くらしいのですが、今年からロゴデザインとメッセージを刷新するという事なんですが、それに合わせて発売されるカセットコンロのデザインがちょっと気になりました。

 

 それがタイトルの製品なんですが・・・ 

 

by カエレバ

 

 もうこの時点でピンとくる方ならすでに分かると思うのですが、このカセットコンロはコンパクトに畳むことができます。

 イワタニ製でコンパクトに畳むことができるカセットコンロ。

 非常に魅力的な響きがありますが、下にホームページの写真を載せてみます。

 

f:id:repisie:20210222145359p:plain

 f:id:repisie:20210222150034p:plain

(FORE WINDSホームページより)

 

 すごくおしゃれでハンドル付き。

 

 便利そうでいい製品

 

 だと思うのですが・・・

 これを見たときにある製品にあまりにも似ているので大丈夫かなと思いました。

 それが、以前ご紹介したこともあるこちら。

 

by カエレバ

 

repisie.hatenablog.com

 

 丸形、角型とちょっとした違いはありますが、コンセプトはほとんど一緒だと思われます。

 

 スノーピークと言えば、昨年12月に村の鍛冶屋:エリッゼステークを「不正競争防止法違反を理由に、その製造及び販売等の差止め及び当社が被った損害の賠償等を請求する訴訟を東京地方裁判所に提起」しています。

 

 今回もそういった暗い話題にならないと良いのですが・・・

 

まとめ

 我が家は自宅ではイワタニのカセットコンロを使っていますし、キャンプでもイワタニ:タフまるを愛用しています。

 非常に好きな会社の一つなので、今回の製品についてはちょっとびっくりして、ブログにしてみました。

 

 同じ目的の製品なので、ある程度デザインが似通ってくるのは仕方がないと思いますし、自分が懸念しているようなことにならなければいいなと願うばかりです。

 

 あまり面白い話題ではなかったとは思いますが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 下記のランキングに登録しています。

 よろしければ、”イイね”感覚で応援のクリックお願いします。

 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


登山・キャンプランキング 

【雑記】緊急事態宣言下でせめてもの聖地巡礼気分を味わおう~きみくらさんの抹茶ティラミス~

 こんにちは、レピシエです。

 平日はお仕事、休日は引きこもりの日々が続きますね。

 そのせいもあって、ブログの更新が全くすすみません・・・

 

 そんな中、たまたまよったコンビニで発見したお菓子が、ゆるキャン△関連だったのでご紹介します。

 今日はキャンプグッズではないのであっさり読めると思います。

 

 それでは、早速行ってみましょう。

 

 

きみくら:抹茶ティラミス

 今年になって始まったゆるキャン△2期の2話に登場しましたお茶屋さん。

 掛川にあるきみくらさんがモデルになっています。

 

 以前、キャンプ帰りに2回ほど訪れたのですが、本当に美味しいお茶と甘味がいただけます。

 

repisie.hatenablog.com

 

 

 そんなきみくらさんの甘味が掛川まで行かなくても味わえるようになったようです。

 

ロッテ:ことりっぷ ふんわりプチケーキ

 どうやらロッテときみくらさんがコラボしたみたいです。

 すごいたまたま、レジに並ぼうとしたら横に置いてあって、そのままカゴにいれちゃいました。

 多分、ロッテの普通のお菓子なのでスーパーとかでも買えるのではないでしょうか。

 

by カエレバ

 

 一応、外観はこんな感じでした。

 

f:id:repisie:20210210195458j:plain

 

f:id:repisie:20210210195509j:plain

 

f:id:repisie:20210210195521j:plain

 

 中はさらに包装が・・・

 

f:id:repisie:20210210195528j:plain

 

 お味としては、正直、お店で食べる抹茶ティラミスとは似ても似つきませんが、抹茶の香りはしっかりします。

 お菓子として食べる分にはありかなーと思います(ゆるキャン△補正あり)。

 

まとめ

 個人的には、お店に実際に行ったこともあり、見つけた時はすごくテンションがあがりました。

 LINEのキャンプグループにすぐ送っちゃうくらいに・・・

 その勢いのままブログにもしてしまいましたが、ゆるキャン△好きなら一度は試すべきかも?

 それにしても早く今まで通り安心してキャンプに行きたいですね。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 下記のランキングに登録しています。

 よろしければ、”イイね”感覚で応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 


登山・キャンプランキング 

【キャンプギア】遅くなったけどキャンプ初心者が買ってみてよかったキャンプギア2020

 こんにちは、レピシエです。

 本来なら昨年末に書くべき記事だったような気もしますが、気が付いたので書いておきます。

 

 ただ、2020年は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、キャンプにはほとんどいけず、そのせいかキャンプギアもあまり買えていないため、紹介するキャンプギアは2点と非常に少な目です。

 

 それでは、行ってみましょう。

 

 

DOD:バッグインベッド

 2020年はコットを導入しました。

 それまではコールマンのインフレーターマットにシュラフでしたが、インフレーターマットが嵩張るのがきになり、コンパクトになるコットとしてこちらを購入しました。

 

 キャンプではなく、友人宅と自宅で使用してみましたがとても良かったです。

 

repisie.hatenablog.com

 

by カエレバ

 

   

 

キャメロンズ:ミニスモーカー

 もう1点は燻製器になります。

 いままではSOTOのモグモグST-116を使っていましたが、やはり段ボールだとなんども使うには限界があります。

 

 どこかでずっと使えるものに買い替えを検討していたのですが、ちょうどamazonのギフト券をもらったタイミングが合ったので購入しました。

 

 名前はミニと付いていますが、大きさは十分だと思います。

 しばらくはこちらを使って行きたいと思います。

 

 サーモンの燻製美味しかったなぁ・・・

 

repisie.hatenablog.com

 

repisie.hatenablog.com

 

by カエレバ

まとめ

 2点しかないのですぐに終わってしまいました・・・

 やっぱりキャンプが決まると物欲が一気に高まるのですが、そうじゃないと見てるだけで満足してしまったり買う決心がつきにくいですね。

 

 今回紹介した2点は「旅行で使う」、「庭キャンプで使う&ギフト券で無料」という明確な理由があって購入しましたしね。

 

 週明けには緊急事態宣言が全国的に拡大していきそうな流れですが、早く落ち着いて今まで通り、行きたいときにキャンプができるようになると良いですね。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 下記のランキングに登録しています。

 よろしければ、”イイね”感覚で応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 

 
登山・キャンプランキング

【キャンプギア】ダイソー:メスティン(ハンドル付)買っちった&早速ご飯を炊いてみた!

 明けましておめでとうございます、レピシエです。

 今年もよろしくお願いします。

 

 新年初ブログは、昨年爆売れし、一時期店頭から完全に消えてしまったダイソーのメスティンです(*´▽`*)

 

 かなり乗り遅れた感がありますが、ようやく地元のダイソーで見つけたので即購入しました。

 で、ただの紹介だと今更感が強いので、ご飯も炊いてみました。

 

 それでは、行ってみましょう(*´▽`*)

 

 

ダイソー:メスティン(ハンドル付)

 メスティンと言えばキャンパーさんには、トランギア:メスティンが一番有名でしょうか。

 

by カエレバ

 

 こちらも人気過ぎて、店頭では売り切れていることも多いですね。

 以前、アルペンアウトドアーズに行った時に探してみたんですが、やっぱり売り切れでした(;^_^A 

 

 ちなみにメスティンとは飯盒の英語ですね。

 上で紹介したメスティンも1600円と決してお高いものではありませんが、ダイソーのメスティンは500円とさらにお安いですね。

 ただ、比較なしでダイソーで500円と聞くと、ちょっと高めと感じる気もしますね(;^_^A

 

 それはさておき、紹介していきます。

 きちんと箱入りです。

 

f:id:repisie:20210106130211j:plain

 

 箱を開けるとまだ包まれてました。

 

f:id:repisie:20210106130223j:plain

 

 袋から出したらようやく使えます。

 

f:id:repisie:20210106130234j:plain

 

 蓋をあけるとこんな感じです。

 トランギアのメスティンは、ふちがざらざらしていて危ないのでバリ取り(やすり掛け)という作業が必要とよく聞きますが、ダイソーのメスティンは綺麗なものでした。

 

f:id:repisie:20210106130244j:plain

 

 大きさが分かりにくいので、比較対象を入れて写真を撮ってみました。

 

f:id:repisie:20210106130256j:plain

 

 ハンドクリームと単3電池です(;^_^A

 比較対象でよく使われるのはタバコだったりしますが、我が家は誰も吸わないので丁度良いものがなく、手近にあって誰でも大きさが分かるもの(ハンドクリームはどうだろう・・・)を使ってみました。

 

 もう一つ、ダイソーのメスティンで楽ちんなのはシーズニングが必要ないところ。

 そもそもメスティンをシーズニングするのは、焦げ付きやサビをできにくくするためです。

 でも、ダイソーのメスティンは最初からアルマイト加工と呼ばれる表面加工済みです。

 

アルマイト(陽極酸化処理)とは、アルミニウムを陽極(+極)で電解処理して
人工的に酸化皮膜(アルミの酸化物)を生成させる表面処理のことです

(株式会社ミヤキホームページより)

 

 このアルマイト処理がされていることでわざわざシーズニングしなくてよく、焦げ付きやサビなどの心配が減るわけですね。

 

   

 

ご飯を炊いてみた

 続いて早速ご飯を炊いて、食べてみました。

 まず、お米を1合入れます。

 

f:id:repisie:20210106130309j:plain

 

 お米を砥いでいくのですが、1合ぴったりのメスティンですので、結構小さくてちょっと大変でした(;^_^A

 

f:id:repisie:20210106130319j:plain

 

 この状態で15~30分、吸水させます。

 今回は30分置いてみました。

 

 それが終われば、いよいよ火にかけていきます。

 今回はキャンプを想定してシングルバーナーを使います。

 

f:id:repisie:20210106130331j:plain

 

 今まで色々買ってきたキャンプギアの中でもかなりのお気に入りギアになっているSOTO:レギュレーターストーブST-310+専用アシストセットです(*´▽`*) 

 

repisie.hatenablog.com

 

repisie.hatenablog.com

 

 下にタオルが引いてあるのは、吹きこぼれることが前提だからです。

 キャンプであれば要らないかもしれませんが、あとあとこのタオルがすごく役に立ちました(*´▽`*)

 

 最初は強火で吹きこぼれるまで加熱します。

 

f:id:repisie:20210106130342j:plain

 

 アルミで熱伝導率が高いのか、思ったり早く吹きこぼれました。

 

f:id:repisie:20210106130352j:plain

 

 予想より勢いよく吹きこぼれてちょっと焦ったのは内緒です(;^_^A

 タオルは引いておいて良かったと思いました。

 

 その後は、弱火で10分加熱します。

 

f:id:repisie:20210106130405j:plain

 

 ここでシングルバーナーの弱点が・・・

 というのも、弱火にしておくと弱すぎたのか何度か火が消えてしまいました(´・ω・`)

 

 同封されているご飯の炊き方には

 

・コンパクトストーブ使用時

・アルコールバーナー使用時

 

 の2種類が表に書いてあり、この方法だと固形燃料(アルコール)を使い切って火が消えたら終わりと分かりやすいく、火加減の調整もいりません。

 

f:id:repisie:20210106130427j:plain

 

 裏面にシングルバーナー使用時も記載がありますが、今回のように火加減の調整をしたり若干作業が増えますね。

 

f:id:repisie:20210106130440j:plain

 

 ということで何度か火が消えては付け直してを繰り返し、10分経過しましたので火からおろしてひっくり返します。

 説明書には軍手や皮手袋を使ってと書いてありますが、今回は引いておいたタオルでつかんでひっくり返しました。

 

f:id:repisie:20210106130451j:plain

 

 ひっくり返したらそのままタオルで包んでしまえば、

 

・ひっくり返すための手袋

・蒸らすためのふきんや布

 

 の2点を準備しなくてもよいので、一石二鳥ですね。

 おススメです。

 

f:id:repisie:20210106130504j:plain

 

 15分経ったら出来上がりです(*´▽`*)

 

f:id:repisie:20210106130516j:plain

 

 おこげは出来ませんでした。

 少しおこげができた方が美味しいような、上手に炊けて焦げ付きもないと喜ぶべきなのかどうなんでしょう?

 

f:id:repisie:20210106204729j:plain

 

 今回はカレーライスにして食べてみました。

 炊く前はメスティンにそのままカレーをかけて食べたら、食器も要らなくて便利だなと思っていましたが、ご飯でパンパンなので無理でした(;^_^A

 よく考えたら当たり前なんですけどね。

 また、そもそも1合を1回で食べるのは多過ぎますよね。

 

 という訳で、ご飯を減らしてカレーをかけると

 

f:id:repisie:20210106130526j:plain

 

 完璧です(*´▽`*)

 もう1個メスティンを買って、炊いたお米を半分づつに分けるとちょうど良さそうですが、そこまでするなら食器でいいという話になっちゃいますね(;^_^A

 

まとめ

 500円でこんなに簡単にご飯が炊けるのは凄いですね。

 1合なのでソロキャンプでも男性なら1回で食べきれますし、いいんじゃないでしょうか。

 

 小さくて、フライパンとして使うこともできますから1個持っておいて良いと思います。

 いつかトランギアのメスティンも使ってみて比べてみたいですね。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 下記のランキングに登録しています。

 よろしければ、”イイね”感覚で応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 


登山・キャンプランキング 

【サイクルウェア】ワークマン:MOVE ACTIVE CYCLE(ムーブアクティブサイクル)ジャケット買っちった&使ってみた

 こんにちは、レピシエです。

 いよいよ2020年も終わりますね。

 2020年は新型コロナウイルス感染症に振り回された年になったのではないでしょうか。

 来年は明るい年になるといいですよね。

 

 さて、今回はみんな大好きワークマン製品のご紹介なのですが、またもやキャンプ成分少な目・・・、自転車用のウェアになります。

 

 キャンプにも着て・・・行けなくはないですが、あまりおススメできないですね(理由は本文にでてきます)。

 

 ただ、キャンプでレクリエーションとか運動とかをする方なら使えそうです。

 まあ素直に自転車に乗る時に使ったほうがって話になっちゃうんですけど。

 

 それでは、行ってみましょう。

 

 

ワークマン:MOVE ACTIVE CYCLE(ムーブアクティブサイクル)ジャケット

 自転車用のウェアは持っているんですが、その上に切るウインドブレーカーやサイクルジャケットは持っていませんでした。

 

 そんな時、自転車で浜名湖一周をすることにしたので、ちょうどいい機会ということで買うことにしました。

 なにしろ2900円ですしね!

 

 どんな商品なのかまずは公式の紹介文を確認してみましょう。 

 

サイクリングをする方のために開発された多機能ウエア

2020年モデルは、新機能である両胸にベンチレーションを搭載!
だから、蒸れを軽減する◎

背中の腰部分に多機能収納ポケットがあり、小物を入れるのに便利◎
小銭や鍵などの貴重品をしまえるファスナーポケットも搭載。
背中はリフレクティブサイクルベンチレーションになっているので、視認性を高めさらに蒸れを防止する。
サイクルカットと背中にめくり上がり防止する滑り止め付き。

風によるバタツキを抑えるフィットスタイルで、さらに前身頃・背中・袖に防風シートがある優れもの。
サイクリングを快適にするのは間違いなし!ぜひ、お試しください。

おすすめポイント
・脇はメッシュ
・サイドポケット付き
・袖口はサムホールで隙間風防止
・収納できるフード
・反射プリント付き

素材/ポリエステル100%

(ワークマンホームページより)

 

 自転車の場合、走り出す前は寒くても、こいでいるうちに熱くなってくるのが一番の問題です。

 そのため、メッシュやベンチレーション(空気の通り道)があるのは高ポイントです。

 

 実際、このレベルのサイクルジャケットを自転車専門店で購入すると、1桁変わりますからね。

 

買っちったので紹介します

 それでは、さっそく写真とともに見ていきたいと思います。

 まずは前面から。

 ジャケットのカラーは黒ですが、ファスナーが黄色でワンポイントカラーになっています。

 

f:id:repisie:20201228165718j:plain

 

 背面はこんな感じ。

 背中に入っている横線はベンチレーションです。

 その部分から空気が抜けていきますが、ちょっとデザインとしては・・・ですね。

 

 また大き目のポケットが3つ付いています。

 

f:id:repisie:20201228165740j:plain

 

  背中のベンチレーションを拡大してみるとこんな感じです。

 

f:id:repisie:20201228165803j:plain

 

 また、おすすめポイントに挙がっていた脇のメッシュはこんな感じです。

 

f:id:repisie:20201228165828j:plain

 

 あとは、公式の紹介文にはなかったのですが、背中ではないサイドのポケットを開けると中がメッシュになっていて若干空気が通ります。

 

f:id:repisie:20201228165852j:plain

 

 袖口にはサムホールがあり、親指を通してその上から手袋をしてしまえば、手首から風が入ってくることなく走ることができます。

 

f:id:repisie:20201228165919j:plain

 

実際に使って走ってみた

 購入後、通勤と浜名湖一周で使ってみましたので、レビューしていきます。

 

 まず、防寒具としては効果が薄いです。

 非常に薄い生地なので、これを来たからといっても暖かくなるものではないです。

 暖かく走りたい場合は、中をある程度暖かくする必要がありますね。

 

 ある程度走り始めて、身体が温まってくるとベンチレーションから外の冷たい風が入ってちょうど良い感じになってきます。

 

 以前、やっぱりワークマンで購入したエアロストレッチブルゾンはかなり暖かかったのですが、通勤で15分程度自転車に乗っているだけで蒸れてくることがありました。

 

repisie.hatenablog.com

 

 それと比較するとかなり風が抜けていくため、蒸れることはほとんどありませんでした。 

 

 浜名湖一周の時は、かなり風が強い区間がありそこで抜群の防風性を発揮してくれました。

 また、必要がなくなった時に生地が薄いためコンパクトに畳むことができて、荷物にならないのも非常に便利でした。

 

まとめ

 今回は自転車に興味がない方は置き去りの内容で、申し訳ありません。

 来年はキャンプブログっぽい内容を増やしていけると良いのですが、現状は新型コロナウイルス感染症の感染者数が過去最大をどんどん更新している状態なので、どうなるか全くわかりませんね・・・

 

 しかし、実際に使ってみると、この機能でこのお値段は素晴らしいと思います。

 この辺は流石ワークマンですね。

 こちらは変わらず来年もお世話になりそうです。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 下記のランキングに登録しています。

 よろしければ、”イイね”感覚で応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 


登山・キャンプランキング