ゆる~りキャンプブログ、略してゆるブロ△

ゆるキャン△からキャンプにハマった元看護師がゆる~くキャンプやグッズについて書いています。

【キャンプギア】フュアハンド:キャリングケース買っちった

 こんにちは、レピシエです。

 今日からはアウトドアデイジャパン名古屋だったり、その後に欲しくなって買ってしまったりしたキャンプギアを順次、紹介していきたいと思います。

 

 第一弾はフュアハンドのベイビースペシャル276専用のキャリングケースになります。

 

 

 それでは、行ってみましょう。

 

 

フュアハンド:キャリングケース

 我が家の唯一のオイルランタンはフュアハンドのベイビースペシャル276ジンクになります。

 

repisie.hatenablog.com

 

 最近、供給が安定してきたのか色々なところで見かけるようになりましたね。

 カラーもジンクだけでなく色々なカラーを見かけます。

 

 そんなベイビースペシャル276ですが、今までは購入時に入っていた箱でずっと持ち運びをしていました。

 公式のキャリングケースの存在や、他にも色々なキャリングケースがあるのは知っていたのですが、箱でも持ち運べていたので様子を見ていました。

 

 ところが、この前参加したアウトドアデイジャパン名古屋で、イベント価格で売っていたのでついつい買ってしまったのでした。

 

早速開けてみる

 最初はビニールで包装されていますので、出していきます。

 

 このカラーが良くないですか?

 グレーの落ち着いたベースカラーターコイズブルー?エメラルドグリーン?のアクセントカラー。

 個人的にはすっごく気に入ってます。

 

 

 潰れた状態で包装されていますので、まずは組み立てていきます。

 

 

 底板が外れた状態ですので、しっかりはめ込んでいきます。

 

 

 この状態で完成なので、早速ランタンを入れていきます。

 

 

 公式ですから当然ピッタリ入ります。

 ランタン以外にも蓋部分に小さなポケットがありますので、付属品を入れていきます。

 

 まだまだ今のやつが残っていますが、芯の5個入りをついでに買ってしまったので、入れていきます。

 

 

 パッケージのままだと入らなかったので、上部の紙部分を外してビニール袋だけにしてみました。

 その状態ならしっかり入りました。

 

 

 最後にパラフィンオイルが入らないかチャレンジしていきます。

 

 

 今までの段ボール箱なら入っていたのですが、どうでしょうか・・・

 

 

 入りました!

 結構ギリギリですが、蓋を閉めても・・・

 

 

 そんなに膨らんでいる感じもないので大丈夫そうです。

 

まとめ

 キャリングケースは正直無くても購入時の段ボール箱でも運搬はできます。

 ただ、やっぱりしっかりしたキャリングケースに入れると気分が上がりますね。

 なので、今回はおススメ!という訳ではありません。

 公式で揃えたい!とかちゃんとしたケースで運びたい方はよろしければ参考にしてみてください。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 下記のランキングに登録しています。

 よろしければ、”イイね”感覚で応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 


登山・キャンプランキング