ゆる~りキャンプブログ、略してゆるブロ△

ゆるキャン△からキャンプにハマった元看護師がゆる~くキャンプやグッズについて書いています。

【キャンプギア】コンパクトなテントが欲しい!!~区画サイトや少ないスペースで活躍できるテントはどれ?~

 こんにちは、レピシエです。

 へやキャン△、ゆるキャン△実写ドラマ、ゆるキャン△9巻発売と怒涛の展開が続いていますね。

 自分はというとへやキャン△2話をいきなり見逃してちょっとショックでした(´・ω・`)

 

 さて、今日は久しぶりにキャンプギアについてです。

 といってもまだ検討段階ですけど。

 それでは、行ってみましょう(*´▽`*)

 

 

小さいテントが欲しい!

 最初に思い立ったのは神馬形山キャンプ場に行ったときのことです。

 スペースに余裕があるわけではないキャンプ場ですから、できるだけ小さくテントとタープを張ろうと考えてみました。

 しかし、どうやってもエントリーパックTT(ヴォールト+タープ)は結構場所をとってしまうことを改めて実感しました。

 

 

 それから、前回の小黒川キャンプ場では区画サイトだったのですが、エントリーパックTTだけで結構場所をとってしまい、友人のソロテントはかなり端っこの方に・・・

 

 

 ふもとっぱらみたいに広大なフリーサイトであれば心配しなくていいんですけどね。

 今後色々なキャンプ場に行くことを考えると、2人が寝れるスペースがあるコンパクトなテントがあった方が良いのではないかと思ったわけです。

 

候補をピックアップ

 ということで、色々探してみました。

 まずはインターネットでの情報収集です。

 ある程度絞れたら実際に実物を見に行きたいところですが、今のところはまだ見に行けてはいません。

 ですので、口コミやスペックなどを確認しての候補ということになります。

 ある意味、自分の頭の整理も兼ねてということになりますのでご了承ください。

 

 なお参考ですがヴォールトのサイズはW300×D530(インナーテントW285×D220×H150)となっています。

 

モンベル:ムーンライトテント3型

 

by カエレバ

 

 ゆるキャン△ファンとしては少なくとも候補から外すことはできませんでした。

 コンパクトさを追い求めるなら2型でも良い気がします。

 

 簡単なスペックはこちら。

〇サイズ:W165×D210×H115

〇本体重量:3.6kg(3.8kg)

※()はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量

〇耐水圧:フロア2,000mm・フライシート1,500mm

 

 モンベルのテントの中で最も歴史がある定番モデルだそうです。

 月明かりの下でも素早く設営できるというのが売り文句。

 人気がありすぎて、在庫切れが続いているのが難点ですね。

 このサイズであれば、今使っているタープのサイズがW500×D570×H280なので(タープの端から端、最も高い位置の数字なので、実際に活用できるスペースはもっと小さいですが)タープの中に設営してもリビングスペースは十分確保できそうです。

 

 

 

スノーピーク:アメニティドームS

 

by カエレバ

 

 続いて、スノーピークからアメニティドームSを選択しました。

 現在、エントリーパックTTを使用しているため、同じメーカーの方がタープと合わせた時に一体感があるかなという安易な考えです(;’∀’)

 

 簡単なスペックはこちら。

〇サイズ:W230×D355(インナーテントW220×D150×H120)

〇本体重量:5kg

〇耐水圧:1,800mmミニマム

 

 インナーテントサイズでみるとムーンライトテント3型とほぼ変わらないサイズなのですが、アメニティドームSは前室がある分、設営時のサイズで見ると結構大きいですね。

 奥行(D)がインナーテントの倍以上ですもんね。

 

 ただ、前室を跳ね上げてしまえば簡易タープとして使えるというメリットもあります。

 この場合は、タープを設営しない活用方法が考えられますね。

 そうすると、タープ+コンパクトテントよりも設営に必要なスペースは少なくてすみます。

 コンパクトテントだけよりはちょっとだけスペースが必要ですが、この運用方法もありだと思いました。

 

 そういえばタープ1張〇〇円みたいなキャンプ場もありますから、節約にもなるかも・・・?

 

コールマン:ツーリングドームLX

 

by カエレバ

 

 コールマンからはツーリングドームLXをチョイスしました。

 タフドーム/240という選択肢もありだと思います。

 

by カエレバ

 

 今回はコンパクトさを求めているのでツーリングドームなのかなと。
 
 簡単なスペックはこちら。

〇サイズ:W210×D180×H110

〇本体重量:約5.6kg

〇耐水圧:約1,500mm

 

 お値段も安めでなかなか良さそうです。

 ただ、タープと使おうとすると、テントに指し色(?)で入っている緑がちょっと合わなさそうな気も・・・

 Amazon限定でオリーブ一色のものもありますが、お値段が結構上がってしまいますね。

 悩ましいところです。

 

 形としては前室があるためアメニティドームSと同じような使い方になりそうですね。

 

まとめ

 テントって見ていると全部欲しくなってしまって危険ですね(;^_^A

 先輩キャンパーさんがテントを何個も持っているのをブログで見て、1つあれば十分なのでは?と思っていましたが、色々使い分けたくなる気持ちが分かってきました( ̄▽ ̄)

 といっても全部買うわけにはいきませんので、今回絞った候補で決めていきたいところです。

また、できれば実物を見てから決定したいですね。


 問題は相方はヴォールトの広さと寝る時には前室に荷物が全部しまえるところが気に入っているので、小さなテントを購入する許しがでるかどうかです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 さてさて、どうなるでしょうか。

 次回をまて!?

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 下記のランキングに登録しています。

 よろしければ、”イイね”感覚で応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


登山・キャンプランキング