ゆる~りキャンプブログ、略してゆるブロ△

ゆるキャン△からキャンプにハマった元看護師がゆる~くキャンプやグッズについて書いています。

【キャンプグッズ】ワークマン:綿かぶりヤッケ、綿ヤッケ、防水ブーツケベック使ってみた

 こんにちは、レピシエです。

 今日から3連休ですが、キャンプの予定もないので1日だらだらしてました(;^_^A

 いよいよ年末が近づいてきたので、大掃除もしないといけないんですけどね(´・ω・`)

 

 さて、今日は今大流行のワークマン商品を使ってみた感想です。

 実際に使ってみるとなんでこんなに大流行なのかがよく分かりました。

 それでは、行ってみましょう。

 

 

 

ワークマン:綿かぶりヤッケ、綿ヤッケ

 まず、綿かぶりヤッケですが、こちらは一時期ほとんどすべての店舗で品切れになった大人気商品ですね。

 綿100%で、焚き火の火の粉に強いため、冬キャンプ時に役に立つということで、一気に売れたみたいです。

 次回の入荷予定はワークマンの通販ページによると2019年5月みたいです。

 で、うちは相方用は幸い店舗で発見できたのですが、自分の分は見つけられず代わりに綿ヤッケというほぼ見た目が同じ商品にしました。

 どちらも冬キャンプで実際に着用してきたので感想を書いてみたいと思います。

 

 焚き火の時に来たのですが、冬キャンプですのでそもそも防寒着を着ているわけです。

 自分はダウンジャケットを着ていました。

 その上からこちらを着るのですが、流石にダウンの上に着るのは大変でした(;^_^A

 通常来ている服の2サイズ大きいものを購入したのですが、それでもすごく着にくい(´・ω・`)

 着てしまえばちょうどいいサイズなのですが、首元がしまっているため、着るまでが大変です。

 相方も脱ぎ着には苦戦していました(;^_^A

 

 ただ、着てしまえば首元から風が入ってくることもなく、2重袖のおかげで手首からの風も防止できるため、防寒具としても意外と優秀でした。

 ダウンジャケットは下にあまり着込んでしまうと、折角の暖かさが活かされないため防寒方法としても理にかなってますからね(*´▽`*)

 

 現在までに2回のキャンプで3回の焚き火を実施しました。

 火の粉が飛んできたこともありますが、今のところ無傷です(*´▽`*)

 前評判どおり、火の粉には強いみたいですね。

 

 ということで、自分としては冬用の防寒着としてダウン系のものを使っている方にはぜひおススメしたいものでした。

 これで脱ぎ着がしやすかったら完璧なんですけどね(;^_^A

 

repisie.hatenablog.com

 

 

 

ワークマン:防水ブーツケベック

 こちらは自分が使っていないので相方の感想になります(;^_^A

 

 そもそもは富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジで、朝露にやられてしまったので防水の靴が欲しくて購入したものです。

 お値段もお安めなので買いやすいのもポイントですね。

 正直、買った時はダメならちゃんとしたやつを買えばいいやと思っていました。

 

 が、実際に使ってみた相方によりますと

 

・すごく暖かいので冬キャンプにぴったり

・脱いだり履いたりがしやすいのでテントの出入りが楽

・ふもとっぱらの芝は、あまり濡れていなかったので防水性は不明

 

 ということでした。

 

 特に、暖かさは絶賛してました(*´▽`*)

 防水ブーツとして購入したので、ある意味嬉しい誤算でしたね。

 しかも、新しい靴を買わなくてすみそうでこちらも嬉しいところです(*´▽`*)

 

repisie.hatenablog.com

 

まとめ

 ということで、すごく簡単ですがワークマン商品の感想でした。

 どちらもお値段以上の価値はあると思いました。

 そうじゃないとここまで売れたり流行ったりしないですもんね(;^_^A

 次は、キャンプに関係ないんですけど自転車に乗るとき用の防寒着やレインコートを探してみたいと思っています。

 それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 下記のランキングに登録しています。

 よろしければ、応援のクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


登山・キャンプランキング